ふたつの「涯て」を描く、ヴェンダースの最新作。

ふたつの「涯て」を描く、ヴェンダースの最新作。

文:細谷美香

ふたつの「涯て」を描く、ヴェンダースの最新作。

©2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE

ヴィム・ヴェンダース監督の最新作は切ないラブストーリー。ノルマンディーで出会ったダニーとジェームズは、瞬く間に恋に落ちる。ふたりは離れがたい思いを抱くが、それぞれに任務を抱えていた。海洋生物学者のダニーは調査のために深海へ、MI-6の諜報員であるジェームズは戦地へと向かう。壮大な映像に現代社会へのまなざしが潜み、ふたつの“世界の涯て”がひとつにつながっていく詩的な作品に仕上がった。


演技派俳優ポール・ダノが、監督デビュー作で描いた壊れゆく家族の風景。

絵画のような映像美で描かれた、たくましい女たちの物語。

『指輪物語』や『ホビット』の原点はここにあった! 『トールキン 旅のはじまり』が今夏公開。


『世界の涯ての鼓動』
監督/ヴィム・ベンダース
出演/ジェームズ・マカヴォイ、アリシア・ヴィキャンデルほか
2017年 ドイツ・フランス・スペイン・アメリカ合作映画 
1時間52分 8月2日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。
http://kodou-movie.jp

ふたつの「涯て」を描く、ヴェンダースの最新作。