レバノン人監督が耳を傾ける、声なき子どもたちの叫び。

レバノン人監督が耳を傾ける、声なき子どもたちの叫び。

文:細谷美香

©2018MoozFilms/©Fares Sokhon

自分を生んだ罪で両親を訴えたいと裁判を起こした少年、ゼイン。中東の貧民窟で暮らしていた彼は学校へ通うことも許されず、働き通しの日々を送っていた。妹が強制結婚させられ、彼の思いは爆発する。声なき子どもたちの叫びをすくい上げたのは、『キャラメル』で脚光を浴びたレバノン人監督ナディーン・ラバキー監督...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
レバノン人監督が耳を傾ける、声なき子どもたちの叫び。