現実と“人形”が交錯する、ある男の再生物語。

現実と“人形”が交錯する、ある男の再生物語。

文:細谷美香

現実と“人形”が交錯する、ある男の再生物語。

©2018 UNIVERSAL STUDIOS

暴行によって重傷を負い、後遺症に苦しむ男がセラピー代わりに始めたのは、フィギュアを撮影することだった――。ロバート・ゼメキス監督の下でスティーブ・カレルが主演を務め、驚きの実話を映画化。人形たちに生々しく命が吹き込まれる空想の世界「マーウェン」と、少しずつ光が差し込み始めた現実の世界。その境界線が曖昧になる危うさの先に、ひとりの人間の再生物語が浮かび上がってくる。


『ゴールデンリバー』に見るヒット映画の方程式。

薬物依存に恋人の死……。天才ビル・エヴァンスの波乱に満ちた人生

脱獄映画の金字塔を、ふたりの人気俳優でリメイク


『マーウェン』
監督/ロバート・ゼメキス
出演/スティーヴ・カレルほか
2018年 アメリカ映画 1時間56分 7月19日より全国の映画館で公開。
https://www.marwen-movie.jp

現実と“人形”が交錯する、ある男の再生物語。

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。