ブレイディ みかこが新作で綴る、“時代遅れ”と非難されるイギリスのおじ...

ブレイディ みかこが新作で綴る、“時代遅れ”と非難されるイギリスのおじさんの実態。

文:今泉愛子

『ワイルドサイドをほっつき歩け ハマータウンのおっさんたち』 ブレイディ みかこ 著 筑摩書房  ¥1,485(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

イギリスでは、EU離脱を強硬に主張したベビーブーマー世代と呼ばれる1946~64年生まれの男性たちが、時代遅れで排外的だと非難されている。在英歴24年の著者は、その世代の男性たちがなにを考え、どんな仕事をして、どう暮らしているかをレポート。原則無料の医療は質の低下が進み、失業手当が削られるなど、ここ数十年間の政府の緊縮財政政策をリアルに経験した彼らの戸惑いから、イギリス社会の厳しい現実が見えてくる。



アメリカ最古の辞書編纂室からレポートする、英語という言語の面白さ。

三代続く刃物店を舞台に綴られる、昭和の職人たちの仕事と思想。

文筆家や漫画家、書店員らが披露する食や料理を取り上げた“おいしい本”。

ブレイディ みかこが新作で綴る、“時代遅れ”と非難されるイギリスのおじ...
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー
Feature Product 【ピアジェを巡る6つの逸話】第2回:独自のデザインが生む、永遠のレガシー