人の心を捉える曲づくりには、目新しさと軽薄さが必要だ!

人の心を捉える曲づくりには、目新しさと軽薄さが必要だ!

文:今泉愛子

『コミックソングがJ-POPを作った 軽薄の音楽史』 矢野利裕 著 Pヴァイン ¥2,268(税込)

日本のポピュラー音楽の歴史をコミックソングでたどるとなにが見えてくるのか。本書でいうコミックソングとは、ウケを狙ったものや目新しい音楽のこと。著者は明治・大正期の「オッペケペー節」、戦後の「東京ブギウギ」などつかみが上手い音楽を紹介。さらにザ・ドリフターズの新規性、YMOの自己演出、小室哲哉の...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
人の心を捉える曲づくりには、目新しさと軽薄さが必要だ!