宮殿専属の庭師として、50頭の“羊”が大活躍!
BERLIN ベルリン

宮殿専属の庭師として、50頭の“羊”が大活躍!

文:河内秀子

のんびりと芝生を歩く羊の後ろに見えるのは、庭園内の離れにあるベルヴェデーレ城。約50頭の羊は週ごとに違う場所に放牧される。photograph by Gianni Plescia

フランスの王宮を手本にした、総面積55haを誇るバロック様式の庭園が美しいシャルロッテンブルク宮殿。17世紀末に、当時のプロイセン王フリードリヒ1世が、その妃ゾフィー・シャルロッテに夏の離宮として贈ったもので、現在では緑あふれる憩いの場としてベルリンの人々に愛されている。その一方で、サッカー場の約75個分以上という広大な緑地と芝の手入れには多大な労力と費用がかかり、関係者は頭を悩ませていたという。そこで4月から試みられているのが羊の放牧だ。緑の芝が広がる柵の中に50頭ほどの羊を放つことで、環境に優しく、かつ経済的に手入れできる。城の前で羊がのんびりと草を食む様子は、さながら都会のオアシスだ。

Schlossgarten Charlottenburg

Spandauer Damm10-22, 14059 Berlin
最寄り駅:WESTEND
TEL:030-320-910
開館時間:10時~17時30分(11/1~3/31は10時~16時30分)
※入館は閉館の30分前まで、庭園の入場は8時~夕暮れまで
休館日:月
料金:一般17ユーロ、庭園は無料
www.spsg.de

宮殿専属の庭師として、50頭の“羊”が大活躍!

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。