男たちの欲望がうごめく、曲者俳優が揃った西部劇。

男たちの欲望がうごめく、曲者俳優が揃った西部劇。

文:細谷美香

男たちの欲望がうごめく、曲者俳優が揃った西部劇。

© 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. All Rights Reserved.

ゴールドラッシュの時代。権力者からの依頼で殺し屋の兄弟と仲間たちが、黄金を見分ける化学者を追いかけることに。やがてそれぞれの思惑や理想を胸に、立場を超えて手を組み始める。『ディーパンの闘い』などで知られるフランスの名匠、ジャック・オーディアール監督が、小説『シスターズ・ブラザーズ』を映画化。ジョン・C・ライリーをはじめハリウッドの魅惑的な曲者俳優が顔を揃えた、欲望がうごめく西部劇だ。


松坂桃李も、この脚本に衝撃を受けた――。政府の不都合な真実を攻める、忖度知らずの『新聞記者』。

現代的なディテールによって、普遍的な物語が輝きを増す。『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』

これは人種問題、実話、歴史。笑う泣く怒る、拍手して観る!『ブラック・クランズマン』


『ゴールデン・リバー』
監督/ジャック・オーディアール 
出演/ジョン・C・ライリー、ホアキン・フェニックス、ジェイク・ギレンホール、リズ・アーメッドほか
2018年 アメリカ・フランス・ルーマニア・スペイン・ベルギー合作 2時間2分
7月5日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて公開。
https://gaga.ne.jp/goldenriver

男たちの欲望がうごめく、曲者俳優が揃った西部劇。