シャンゼリゼの噴水が復活。デザインは賛否両論⁉
PARIS パリ

シャンゼリゼの噴水が復活。デザインは賛否両論⁉

文:髙田昌枝

このコンテンポラリーな噴水は全部で6つあり、製作費は630万ユーロ。メセナによってまかなわれたという。photograph by Olivier Bardina

19世紀から何度か形を変えて噴水が設置されていたシャンゼリゼ通りのロータリー、ロン・ポワン・デ・シャンゼリゼ。1998年から20年以上にわたって休止されていた噴水が、このほど復活。ロナン&エルワン・ブルレック兄弟のデザインだ。噴水は高さ13ⅿ。ブロンズの支柱を囲む3本のパイプの下端から...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
シャンゼリゼの噴水が復活。デザインは賛否両論⁉