学園で起こる数々の事件に、スーパー養護教諭が立ち向かう。

学園で起こる数々の事件に、スーパー養護教諭が立ち向かう。

文:今泉愛子

『保健室のアン・ウニョン先生』 チョン・セラン 著 斎藤真理子 訳 亜紀書房 ¥1,760(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

『フィフティ・ピープル』で韓国日報文学賞を受賞した著者による長編小説。Netflixでドラマ化が決定している。私立M高校の養護教諭、アン・ウニョンは不思議な力をもつ。目に見えないものが見えるのだ。M高校には邪悪なものが立ち込めていた。自殺未遂をする生徒、英語教師、歴史教師らの間に起こった10の事件を、アン・ウニョンはおもちゃの剣とBB弾の銃を使い解決する。協力するのは漢文教師のホン・インピョだ。教師たちのほどよい愛情と正義感が心地いい。



人間はなんのために食べるのか、“欧州の知”が問い直す。

不思議なカラダの物語は、男性優位社会の見方を変える。

走行音から車内販売まで、市川紗椰が熱く綴る鉄道愛。

学園で起こる数々の事件に、スーパー養護教諭が立ち向かう。
Feature Product 装いを新たにした次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」2020年秋冬限定モデルの魅力とは。
Feature Product 装いを新たにした次世代の正統派ウォッチ、「ティソ ジェントルマン オートマティック」2020年秋冬限定モデルの魅力とは。