シェアハウスを充実させる、「コ・リビング」とは?
文:宮田華子

シェアハウスを充実させる、「コ・リビング」とは?

住居は狭いが、公共スペースは広い。各階には大きなワークスペースがあり、オフィスとして機能。掲示板には仕事仲間を募集するメモも。photo: Amandine Alexandra for The Collective Old Oak, London

日本でも定着した感のあるシェアハウス。イギリスでは昔からある暮らし方のひとつだが、昨年4月にオープンした世界最大級のシェアハウス「オールド・オーク」が提唱する「コ・リビング」というライフスタイルに、いま注目が集まっている。 コ・リビングとは建物が共同体として機能し、住人と「住居+α」を共有する...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
シェアハウスを充実させる、「コ・リビング」とは?