アムステルダムの地元新聞が、デザイン賞を2年連続受賞!
文:ユイキヨミ

アムステルダムの地元新聞が、デザイン賞を2年連続受賞!

通常版(上)と週末別冊版(下)の表紙。古典的なタイポグラフィとモンドリアンを彷彿させるモダンなレイアウトが特徴。Image courtesy of Jacek Utko

Image courtesy of Jacek Utko

アムステルダムの新聞『ヘット・パロール』が、2年連続「ワールドベストデザイン新聞賞」を受賞した。毎年アメリカの「ニュースデザイン協会」がデザインの優れた新聞に与える賞で、今年は同紙に加えて『ニューヨーク・タイムズ』、ドイツの『ディー・ツァイト』が選出された。 
この快進撃の立役者は、新聞デザインのエキスパート、ジャチェック・ウツコ。同紙のリニューアル・デザインを手がけた。「古典的なタイポグラフィとモダンなレイアウトの折衷主義をコンセプトにした」という彼のアート・ディレクションは、アムステルダムらしい知的な紙面の実現に大きく貢献。新聞というメディアさえも刷新し続けている。

ワルシャワを拠点とするジャチェック・ウツコ。photograph by Kiyomi Yui

アムステルダムの地元新聞が、デザイン賞を2年連続受賞!

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。