AIは親友になり得るか? カズオ・イシグロの静かな問い

AIは親友になり得るか? カズオ・イシグロの静かな問い

文:今泉愛子

『クララとお日さま』カズオ・イシグロ 著 土屋政雄 訳 早川書房 ¥2,750(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

カズオ・イシグロのノーベル文学賞受賞後初の長編、舞台は近未来。子どもたちは自宅学習が基本で友達と触れ合う機会が少なく、人間の形をしたAF(人工的な友達)をもつのが一般的だ。病弱な少女、ジョジーが選んだAFのクララは観察力に優れ、人の心を読み解いてジョジーと母親やボーイフレンドとの関係がうまくいくよう尽くす。対照的に利己的で疑い深い人間たちは、クララをどう扱うのか。結局クララを支えたのは、太陽への信仰だった。心とはなにか、考えさせられる。


【関連記事】

イアン・マキューアン最新長編『恋するアダム』は、AIと2人の人間の三角関係。
経済、ジェンダー、家計……『サラ金の歴史 消費者金融と日本社会』でサラ金の誕生から発展をたどる。
宝くじの当選番号は予想できるか? 統計学で幸運の正体を明かした『それはあくまで偶然です 運と迷信の統計学』。

AIは親友になり得るか? カズオ・イシグロの静かな問い
Feature Product 写真家・ヨシダナギが薦める、クリエイター向けPCのYogaという選択肢
Feature Product 写真家・ヨシダナギが薦める、クリエイター向けPCのYogaという選択肢