英国の“白い文化”を罵倒しつつも、“かつての英国”を継...

『サーフス・アップ!』

ファット・ホワイト・ファミリー

英国の“白い文化”を罵倒しつつも、“かつての英国”を継承したバンド「ファット・ホワイト・ファミリー」

野田 努 音楽ライター

2011年にサウス・ロンドンで結成。13年4月リリースのファースト・アルバム『シャンパン・ホロコースト』では、過激な歌詞で話題に。今作は、アークティック・モンキーズやフランツ・フェルディナンドを擁する名門レーベル「ドミノ」移籍後第一弾。

“イングリッシュネス(英国らしさ)”を巡って、今イギリスは揺れている。ブレグジットの背後にあるのも、“かつての英国”と“これからの英国”との対立と言えなくもない。2013年にデビューしたロンドンのバンド、ファット・ホワイト・ファミリーの新作、『サーフス・アップ!』は“イングリッシュネス”満載だ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

『サーフス・アップ!』
ファット・ホワイト・ファミリー
BRC-597
ビート・レコーズ
¥2,376(税込)
4/19発売

英国の“白い文化”を罵倒しつつも、“かつての英国”を継...