家づくりに重ねて描いた、シングルマザーの再生の物語『サンドラの小さな家』。

家づくりに重ねて描いた、シングルマザーの再生の物語『サンドラの小さな家』。

文:細谷美香

©Element Pictures, Herself Film Productions, Fís Eireann/Screen Ireland, British Broadcasting Corporation, The British Film Institute 2020

【Penが選んだ、今月の観るべき1本】

元夫の暴力によって傷つけられ、幼いふたりの娘とともにホテルに仮住まいをするシングルマザーのサンドラ。自分の手で小さな家を建てることを思いついた彼女は、周囲の人々の助けを借りながらアイデアを実行に移していく。アイルランドの女優、クレア・ダンが脚本を手がけ、主演も務めた。理不尽な現実と向き合うひとりの女性の再生と家づくりの過程を重ね合わせ、絶望の先の確かな希望を描き出した。



写真家・上田義彦が初監督作の映画『椿の庭』で描くのは、家に宿る人の記憶。

出版界で繰り広げられる、先読み不可能なミステリー『騙し絵の牙』

ノマド化したアメリカ白人高齢者、その精神性の深層に迫る傑作『ノマドランド』。

『サンドラの小さな家』
監督/フィリダ・ロイド
出演/クレア・ダン、ハリエット・ウォルターほか  2020年
アイルランド・イギリス合作映画 1時間37分 4月2日より新宿ピカデリーほかにて公開。
https://longride.jp/herself/

家づくりに重ねて描いた、シングルマザーの再生の物語『サンドラの小さな家』。