毒殺事件の謎に迫っていく、米法医学界のパイオニアふたり。

毒薬の手帖 クロロホルムからタリウムまで 捜査官はいかにして毒殺を見破ることができたのか

デボラ・ブラム 著 五十嵐加奈子 訳

毒殺事件の謎に迫っていく、米法医学界のパイオニアふたり。

今泉愛子 ライター

20世紀初頭、最もバレにくい暗殺方法は毒殺だった。クロロホルム、ヒ素、水銀、タリウムなどの毒物は、化粧品や農薬などの原料として用いられており、入手が容易。その上、それによって誰かが死に至っても、多くの場合、立証は困難であった。捜査現場に科学の知識をもつ者は皆無で、検死すらまともに行われていなか...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
毒殺事件の謎に迫っていく、米法医学界のパイオニアふたり。