差別を巡る理不尽な矛盾を、魅力的な音楽と映像で包み込む。

『グリーンブック』

ピーター・ファレリー

差別を巡る理不尽な矛盾を、魅力的な音楽と映像で包み込む。

佐々木俊尚 作家、ジャーナリスト

監督は『愛しのローズマリー』をはじめコメディを通して偏見を描き出してきたピーター・ファレリー。ヴィゴ・モーテンセンが体重を大幅に増やして主人公を演じ、『ムーンライト』でオスカー俳優となったマハーシャラ・アリがピアニストに扮した。© 2018 UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC. All Rights Reserved.

本作の舞台は1962年で、黒人の公民権運動が最高潮に達しつつあった時代のアメリカである。実話をもとにつくられたこの映画の主人公は、ふたり。ひとりは、ドクター・ドナルド(ドン)・シャーリーという天才的な黒人ピアニスト。9歳でレニングラード音楽院に学び、長じてからはストラヴィンスキーに「彼の技巧は...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
差別を巡る理不尽な矛盾を、魅力的な音楽と映像で包み込む。