エンジン音だけで度肝を抜く! フォードVSフェラーリは...

『フォードvsフェラーリ』

ジェームズ・マンゴールド

エンジン音だけで度肝を抜く! フォードVSフェラーリは、絶対に映画館で観るべき1本だ。

青木雄介 編集者

監督は『LOGAN/ローガン』をはじめ大作を手がけてきたハリウッドのヒットメイカー、ジェームズ・マンゴールド。『グラン・プリ』や『栄光のル・マン』など60年代、70年代の映画からインスピレーションを得て、臨場感のある映像を完成させた。 ©2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

まずオープニングからしてマット・デイモン演じる、キャロル・シェルビーが駆るアストンマーティンDBR1のみなぎるような、生々しいエンジン音で度肝を抜かれてしまう。『フォードvsフェラーリ』はタイトルの通り、すべてが対照構造でできている。世界的なモータリゼーションの担い手であるフォードと、モーター...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
エンジン音だけで度肝を抜く! フォードVSフェラーリは...