グラフィックノベルで初、ブッカー賞候補作の衝撃とは?

グラフィックノベルで初、ブッカー賞候補作の衝撃とは?

文:今泉愛子

『サブリナ』ニック・ドルナソ 著 藤井 光 訳 早川書房 ¥3,960(税込)

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

グラフィックノベルとして初めてブッカー賞にノミネートされた話題作。妹と旅の約束をしたばかりのサブリナが、翌日、行方不明になる。傷心の恋人は幼なじみの家に身を寄せる。その後、サブリナに関する衝撃映像がメディア各社に届く。マスコミの取材、陰謀論を説く人、終末論を唱えるラジオDJ……。噂や憶測によって、サブリナの周囲の人が日常を脅かされていく様子を描く。日本のマンガと異なり、コマ割りが均等で物語の山場を強調しないため、事実の積み重ねが心に迫る。




人類と木との関係を壮大に描く、リチャード・パワーズによるピュリツァー賞受賞作。

中国の巨大IT企業が導く、新たなビジネススタイルとは?

読み始めたら止まらない“イヤミス” の女王・真梨幸子の新作『坂の上の赤い屋根』は、いかにして生まれたのか。

グラフィックノベルで初、ブッカー賞候補作の衝撃とは?
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ①アメリカンクラシック編