執念がなしえた描写か!? 凄味さえ漂う吉村芳生の鉛筆画を東京初の回顧展...

執念がなしえた描写か!? 凄味さえ漂う吉村芳生の鉛筆画を東京初の回顧展で目撃せよ。

文:はろるど

『新聞と自画像 2008.10.8 毎日新聞』2008年 鉛筆、色鉛筆、水性ペン、墨、紙 個人蔵。新聞紙の上に自画像が描かれていますが、よく見ると新聞も鉛筆で描かれています。自画像は吉村のライフワークで、実際の新聞紙の上に自画像を描いたタイプの作品を合わせると、2000点を超える自画像を残しました。

画家、吉村芳生(1950〜2013年)。「描く」ことに対して執念を感じる作家です。たとえば新聞の上に自画像を描いたシリーズ。なんと新聞の活字もすべて描いています! 『ジーンズ』は、布目まで丹念に描いた鉛筆画。「うまい!」と唸ってしまいますが、単にジーンズを熟視して描いたわけではありません。まず...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
執念がなしえた描写か!? 凄味さえ漂う吉村芳生の鉛筆画を東京初の回顧展...