ディープな神戸で亡霊の気配におののく芸術祭、『アート・プロジェクトKO...

ディープな神戸で亡霊の気配におののく芸術祭、『アート・プロジェクトKOBE 2019:TRANS- 』へ。

写真・文:中島良平

グレゴール・シュナイダー『美術館の終焉ーー12の道行き』 第3留『消えた現実』(旧兵庫県立健康生活科学研究所 神戸市兵庫区荒田町2-1-29)食品や飲料水の品質検査、感染症の研究が行われていた地下1階、地上7階建のビルを作品化した大型インスタレーション。真っ白に塗られた空間から扉を開けて中に入ると……!

1995年、阪神・淡路大震災に襲われた神戸の街。復興に向けて頑張る人々をアートで元気づけようと、2007年に『神戸ビエンナーレ』が始まりました。若手作家を国際コンペティション形式で募って展示を行うなど独自の運営を続け、2017年には開港150周年を記念して『港都KOBE芸術祭』の名で、乗船して...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ディープな神戸で亡霊の気配におののく芸術祭、『アート・プロジェクトKO...
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!
Feature Product 【三重県】伝統を紡ぐ新しい名品と特別レシピを、2月13日(土)にインスタライブで発表します!