書の可能性を広げる現代アーティスト、紫舟が妖しく美しい春画に施した仕掛け。

書の可能性を広げる現代アーティスト、紫舟が妖しく美しい春画に施した仕掛け。

文:Pen編集部

輪郭線は立体彫刻として画の前に設置。鑑賞者は自らの目の中で春画を完成させることになる。紫舟『組組』(素材:鉄+墨 天吊り)。©SISYU 紫舟

文字を書き起こすことから、美しさや思想をも含む造形芸術へと発展を遂げた「書」。この日本の伝統文化を絵、彫刻、メディアアートへと昇華させ、日本の文化を世界に発信する現代アーティスト、紫舟(ししゅう)。このたび、浮世絵の一種である「春画」をテーマにした展覧会『紫舟 春宮秘画展』が東京・代官山のDA...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
書の可能性を広げる現代アーティスト、紫舟が妖しく美しい春画に施した仕掛け。