対照的なアプローチで「性」を捉えた、銀座シャネルの『ピエール セルネ ...

対照的なアプローチで「性」を捉えた、銀座シャネルの『ピエール セルネ & 春画』展。

文:はろるど

『ピエール セルネ & 春画』展示風景。会場に設けられた丸窓の向こうに、ピエール・セルネの写真と春画が見えます。鑑賞者はあたかも覗き見をしているかのような、不思議な感覚に陥ります。©CHANEL NEXUS HALL

フランスの現代写真と日本の春画とで織り成された異色の展覧会が、銀座のシャネル・ネクサス・ホールで開催中です。写真の丸窓の先に目を向けて下さい。一方はフランスの写真家、ピエール・セルネによる、個人やカップルの官能的な姿や性行為を撮った写真です。しかし、身体のシルエットの一部を切り取っているため、...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
対照的なアプローチで「性」を捉えた、銀座シャネルの『ピエール セルネ ...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。