“自粛明け”の思考と感性を、都現美の『ドローイングの可能性』展で刺激する。

“自粛明け”の思考と感性を、都現美の『ドローイングの可能性』展で刺激する。

写真・文:中島良平

盛圭太『Bug report』2020年 壁面にグルーガンで糸を貼る/張る方法によるドローイング・インスタレーションとでもいうべき作品。コンピューター用語でプログラムの不具合を意味する作品名は、切断された糸で紡がれた構造物の「意図的な欠落」「不完全な構造」を意味する。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために臨時休館していた東京都現代美術館で、『ドローイングの可能性』展が幕を開けた。この企画は「線を核とする表現を現代におけるドローイングと捉え、その可能性をいくつかの文脈から再考する試み」として構想されたもの。展示は3つのテーマで構成されている。最初が「言葉...

この記事はPen Membershipの会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
“自粛明け”の思考と感性を、都現美の『ドローイングの可能性』展で刺激する。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。