お弁当はソーシャル・ツールだった!? つくり手と食べ手とをつなぐ物語...

お弁当はソーシャル・ツールだった!? つくり手と食べ手とをつなぐ物語を、『BENTO おべんとう展』で感じよう。

文:阿部博子

お弁当はソーシャル・ツールだった!?  つくり手と食べ手とをつなぐ物語を、『BENTO おべんとう展』で感じよう。

阿部 了『ひるけ』 2018年

「おべんとう」と聞いてどんなお弁当を思い浮かべますか? お母さんがつくってくれたキャラ弁、運動会のお弁当、受験の日のカツ弁当、愛妻弁などなど。思い出とともに脳裏に浮かぶお弁当は、私たちの日々の生活の中に深く根付いています。そんな人と人をつなぐ「おべんとう」をコミュニケーション・デザインの視点で捉えた『BENTO おべんとう展—食べる・集う・つながるデザイン』が2018年7月21日から10月8日まで東京都美術館で開催されます。

本展は、「おべんとう」から見えてくるコミュニケーション・デザインをテーマに、現代の作家たちのインスタレーションや参加型の作品が並びます。発酵デザイナーの小倉ヒラクによる歌って踊れるおべんとうアニメーションを皮切りに、お弁当を黙々と食べる人たちを撮影した“お弁当ハンター”こと写真家の阿部了の作品『ひるけ』、読者からのお便りに応えて、料理家の大橋あゆ美がお弁当をつくり、写真家の平野太呂が撮影し、読者にレシピとお弁当箱が届けられるプロジェクト『あゆみ食堂のお弁当』の写真作品……。さらに、イーティング・デザイナーのマライエ・フォーゲルサングや美術家の北澤潤による、お弁当を再発見できる実験室のような参加型の空間も広がります。江戸時代から昭和、現代までの日本のお弁当箱の展示では、プロダクトとしてのお弁当箱の魅力に迫ります。

会期中には、アーティストと一緒に展覧会を楽しむワークショッププログラムや親子で楽しめるキッズデーも予定されています。小さな箱の中にはつくり手と食べ手をつなぐ物語が詰まっています。展覧会を通して、いつものお弁当がより愛おしくなることでしょう。

お弁当はソーシャル・ツールだった!?  つくり手と食べ手とをつなぐ物語を、『BENTO おべんとう展』で感じよう。

料理:大塩あゆ美 写真:平野太呂 『あゆみ食堂のお弁当』 2017年 

お弁当はソーシャル・ツールだった!?  つくり手と食べ手とをつなぐ物語を、『BENTO おべんとう展』で感じよう。

森内康博 『Making of BENTO』イメージスケッチ 2018 年

お弁当はソーシャル・ツールだった!?  つくり手と食べ手とをつなぐ物語を、『BENTO おべんとう展』で感じよう。

北澤潤 『FRAGMENTS PASSAGE―おすそわけ横丁』イメージスケッチ 2018年

『BENTO  おべんとう展—食べる・集う・つながるデザイン』

開催期間:2018年7月21日(土)〜10月8日(月・祝)
会場:東京都美術館 ギャラリーA・B・C
東京都台東区上野公園8-36
開室時間:9時30分〜17時30分(火~木、土、日) 9時30分~20時(金)※入質は閉室の30分前まで、7月27日(金)、8月3日(金)、10日(金)、17日(金)、24日(金)、31日(金)は21時まで開室。
休室日:月、9月18日(火)、9月25日(火)※ただし8月13日(月)、9月17日(月・祝)、9月24日(月・祝)、10月1日(月)、10月8日(月・祝)は開室
入場料:一般¥800(税込)
http://bento.tobikan.jp


お弁当はソーシャル・ツールだった!? つくり手と食べ手とをつなぐ物語...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。