生命の可能性や危機を表現するバイオアートの魅力を、ITジャーナリスト林...

生命の可能性や危機を表現するバイオアートの魅力を、ITジャーナリスト林信行が語る。

談:林 信行 構成:高野智宏

GYRE GALLERYで開かれる2度目のバイオアート展覧会。監修の飯田高誉氏曰く今後もシリーズとして続けていくことを検討しているようだ。

2020年に世界を襲い我々の生活を一変させたCOVID-19のパンデミックは、われわれ人間も自然の脅威には抗えない、大自然の一部に過ぎないということを改めて実感させてくれた。そんな状況だからこそ観覧者に強く訴え、問いかけてくる展覧会がある。現在、表参道のGYRE GALLERYで開催されている...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
生命の可能性や危機を表現するバイオアートの魅力を、ITジャーナリスト林...