オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TO...

オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TOKYO』が発売。

文:Pen編集部

朝日を浴びる丸の内のビル群。普段往来が激しい街は、無人になると違った表情を見せます。

2000年に発表しベストセラーとなった、誰もいない東京の街を写した中野正貴の『TOKYO NOBODY』。その後も「無人の東京」を今日まで撮り続けてきた中野の集大成と言える作品集『TOKYO』が、この度刊行されました。2020年のオリンピックを控え、目まぐるしく変化する東京の街。本書に収められ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TO...