オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TO...

オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TOKYO』が発売。

文:Pen編集部

オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TOKYO』が発売。

朝日を浴びる丸の内のビル群。普段往来が激しい街は、無人になると違った表情を見せます。

2000年に発表しベストセラーとなった、誰もいない東京の街を写した中野正貴の『TOKYO NOBODY』。その後も「無人の東京」を今日まで撮り続けてきた中野の集大成と言える作品集『TOKYO』が、この度刊行されました。

2020年のオリンピックを控え、目まぐるしく変化する東京の街。本書に収められているのは、まもなく完成となる新国立競技場の建設地までを含む、8×10の大判カメラで切り取った約30年間にわたる街のポートレートです。人が一人も写っていない特異なシチュエーションは、凛とした都市の表情を際立たせます。

銀座 蔦屋書店では、エディションナンバー・直筆サイン入りの特別版を限定50部販売。特典として、ビルの間に見える東京タワーを写した銀塩プリントが付いています。さらに11月23日からは、東京都写真美術館で中野の個展『東京』の開催が予定されています。

本書の刊行に際し、中野は「東京に流れる時間の集積と考察であるが、今後の東京をインスピレーションする為の誘発物も含んでいる」とコメントしました。見慣れた街の風景の知らない姿にハッとするとともに、この先の東京の変化を考える契機となる1冊です。

オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TOKYO』が発売。

新作を含め、約30年にわたって中野が写した東京が収められた『TOKYO』。CCCアートラボ ¥8,300(税抜)

オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TOKYO』が発売。

銀座 蔦屋書店限定の直筆サイン入り特別版(9/15まで¥10,800、9/16以降は¥14,040 ※ともに税込)には上写真の東京タワーのプリントが特典として付いてきます。購入はお早めに。

オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TOKYO』が発売。

中野正貴●1955年、福岡県生まれ。80年よりフリーランスとして活動し、2000年に『TOKYO NOBODY』(リトルモア)を発表し、翌年に日本写真協会新人賞を受賞。2005年には『東京窓景』(河出書房新社)で第30回木村伊兵衛写真賞を受賞。

オリンピック間近の東京を「無人」で撮る、写真家・中野正貴の傑作集『TO...