心を揺さぶる“型破り”な演奏会、銀座メゾンエルメスで開催中の「ピアニス...

心を揺さぶる“型破り”な演奏会、銀座メゾンエルメスで開催中の「ピアニスト」向井山朋子展に注目を。

文:Pen編集部

心を揺さぶる“型破り”な演奏会、銀座メゾンエルメスで開催中の「ピアニスト」向井山朋子展に注目を。

会場には大小さまざまなピアノが置かれており、来場者は思い思いの場所で向井山のパフォーマンスを鑑賞します。『Just before』2019年 14台のピアノによるインスタレーション、ピアノパフォーマンス ©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès

銀座メゾンエルメス フォーラムで2月28日まで開催中の、「ピアニスト」向井山朋子展が話題です。2月5日から始まった本展は、向井山のピアノ・パフォーマンスをメインとしており、会期中は毎日1時間ずつ時刻をずらして演奏会が開かれます。開館時間はパフォーマンスを含めて1日4時間だけ。日によっては、真夜中や明け方に始まる時もあるのです。

会場にはアップライトからコンサートグランドまで、さまざまなピアノが吊るされたり、転がされたりして置かれています。座席は用意されていません。来場者は好きな場所で、自由に演奏を楽しむことができます。対する向井山も、グランドピアノで激しくドラマティックな音を奏でたかと思えば、移動して今度は別のピアノで曲を弾くなど、その日にしか見ることのできないパフォーマンスを繰り広げます。彼女が移動すると来場者もついて行き、自然と会場全体がひとつのインスタレーション作品としてつくり上げられていく様子が刺激的です。

ガラスブロックの壁に面したギャラリーは、時間帯によって空間の印象をがらりと変えます。「今日は21時からの演奏を聴いたけれど、朝5時に彼女はここでどんなピアノを弾くのだろう?」と、向井山のパフォーマンスを観に、幾度と通いたくなるはずです。

心を揺さぶる“型破り”な演奏会、銀座メゾンエルメスで開催中の「ピアニスト」向井山朋子展に注目を。

オランダ・アムステルダムを拠点にピアニストとして国際的に活躍する向井山朋子は、近年では今回の展覧会のようにインスタレーションの発表や舞台演出も行っています。

心を揺さぶる“型破り”な演奏会、銀座メゾンエルメスで開催中の「ピアニスト」向井山朋子展に注目を。

『ここでなく、いまでなく』 2019年 津波にあった2台のピアノによるインスタレーション サイズ可変  ©Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès

「ピアニスト」向井山朋子展

開催期間:2019年2月5日(火)~2019年2月28日(木)
開催場所:銀座メゾンエルメス フォーラム
東京都中央区銀座5-4-1 8F
TEL:03-3569-3300
開館時間:日程により異なるため、ウェブサイトを確認
無休
入場無料
http://www.maisonhermes.jp/ginza/le-forum/archives/842721

心を揺さぶる“型破り”な演奏会、銀座メゾンエルメスで開催中の「ピアニス...