あなたが街を案内するなら? リー・ミンウェイが個展『The Touri...

あなたが街を案内するなら? リー・ミンウェイが個展『The Tourist』で発信する、“ツアーガイド”とつくるアート

写真・文:中島良平

あなたが街を案内するなら? リー・ミンウェイが個展『The Tourist』で発信する、“ツアーガイド”とつくるアート

台北でリー・ミンウェイを案内してくれたのは一人のピアニストの女性。「自分の心は音楽の中に存在すると語った彼女の内面世界を、彼女が選んだ楽譜とピンクの繊細な紙の球で表現しました」とリー。

コミュニケーションをテーマにした作品を多く手がけ、2014年に森美術館で開催された大規模な個展『リー・ミンウェイとその関係』でも注目された台湾出身のアーティスト、リー・ミンウェイ。6月26日までペロタン東京で開催中の個展『The Tourist』では、知人や一般公募による者などプロジェクトへの参加者が“ツアーガイド”となり、“ツーリスト”であるリーに街を案内をした記録を元にしたユニークな作品として展示されています。制作のきっかけについて、リーは次のように語ります。

「私がまだ、医師を目指して生物学を専攻する学生だった頃に、親戚が暮らすローマを訪れる機会がありました。たしか1993年のことです。その時に6歳だった甥が、私をフォロ・ロマーノという古代ローマの遺跡に連れて行ってくれました。自分が知っている古代遺跡に大人を案内してみたいと思ったのでしょう。私は喜んでついて行きました。フォロ・ロマーノに着くと甥は、遺跡の片隅に住んでいる猫の家族のところに案内してくれたんです。ローマでは街の中にも観光名所にも野良猫が多く住んでいるので、遺跡内で彼と猫探しをしながら2時間以上過ごしました。有名観光地であるフォロ・ロマーノが、甥の視点を通して見るとガイドブックのものとはまったく変わってくる。その体験が楽しく、とても強く印象に残ったのです」

アーティストとなったリーは、ヒューストンのライス大学アートギャラリーのコミッションワークとして、2001年に『The Tourist』と題するプロジェクトを開始しました。その後、ニューヨークのMoMA(2003年)をはじめ、各地を巡回しながら断続的に制作と展示が進められ、今回の個展では、ニューヨークやパリ、台南、東京などの9都市で制作された9点の作品が展示されています。

あなたが街を案内するなら? リー・ミンウェイが個展『The Tourist』で発信する、“ツアーガイド”とつくるアート

展示空間に立つリー・ミンウェイ。1964年に台湾で生まれ、医師である父親の仕事の都合でサンフランシスコに移住したのが14歳のこと。現在はパリとニューヨークを拠点に制作活動を続けています。

あなたが街を案内するなら? リー・ミンウェイが個展『The Tourist』で発信する、“ツアーガイド”とつくるアート

左にはミンウェイが撮影した写真が、右にはツアーガイドが撮影した写真がスライドショーとなって壁面に投影されています。BGMにはその都市の文化やツアーガイドのバックグラウンドと結びついた楽曲が流され、ノスタルジックな映像インスタレーションが展開します。Photographer: Kei Okano. Courtesy of the artist & Perrotin

あなたが街を案内するなら? リー・ミンウェイが個展『The Tourist』で発信する、“ツアーガイド”とつくるアート

展示什器は、ギャラリーの入口から奥にかけて微かに傾斜しています。軽快なイメージで旅立っていくような視覚的な心理効果を意識して、この展示デザインを実現したのだそうです。Photographer: Kei Okano. Courtesy of the artist & Perrotin

1 / 2p