GWは六本木で写真展巡り! 美しい銀塩写真が集結する「ゼラチンシルバー...

GWは六本木で写真展巡り! 美しい銀塩写真が集結する「ゼラチンシルバーセッション」へ。

文:Pen編集部

GWは六本木で写真展巡り! 美しい銀塩写真が集結する「ゼラチンシルバーセッション」へ。

広川泰士『聖域2019』2019年

フィルムで撮影する銀塩写真の魅力を次世代に伝えていくために、2006年に4人の写真家によって始められたプロジェクト「ゼラチンシルバーセッション(GSS)」。これまでに展覧会やフォト・アワードの開催、チャリティイベントなどが行われてきましたが、4月26日(金)から10回目となる展覧会が六本木のアクシスギャラリーで始まります。

今回の展覧会では「100年後に残したい写真」をテーマに、GSSに賛同する50人の写真家の未発表作品を展示。期間中は会場内に設置された暗室で、写真家と一緒に銀塩ならではのプリント作業を体験できるワークショップも開催されます。

さらに関連展として、同じ六本木エリア内にあるフジフィルム スクエアにて2つの写真展が同時開催。ひとつは、2006年に活動をスタートさせた藤井保、広川泰士、平間至、瀧本幹也らが互いのネガを交換し、それぞれの解釈でプリントを仕上げた第1回GSS展の作品や代表作を紹介する「藤井保 広川泰士 平間至 瀧本幹也 すべてはここからはじまった」。もうひとつは、今回のGSSに賛同する写真家39人がモノクロフィルム「FUJIFILM ネオパン100 ACROS」で撮り下ろした最新作による「FUJIFILM ACROS × 39 Photographers」です。

今年の大型連休は銀塩写真の魅力を堪能すべく、六本木を巡ってみてはいかがでしょうか。

GWは六本木で写真展巡り! 美しい銀塩写真が集結する「ゼラチンシルバーセッション」へ。

石塚元太良『Perit-moreno Glacier』20XX年

GWは六本木で写真展巡り! 美しい銀塩写真が集結する「ゼラチンシルバーセッション」へ。

平間 至『平間家2019年1月7日』2019年

『The 10th Gelatin Silver Session ―100年後に残したい写真』

開催期間:2019年4月26日(金)~5月6日(月)
開催場所:アクシスギャラリー
東京都港区六本木5-17-1 アクシスビル4F
TEL:03-5575-8655
回廊時間:11時~19時(最終日は18時まで)
入場料:一般¥300(学生は無料)
http://gss-film.com/exhibition/2019


トークイベント1
登壇者:演劇作家 藤田貴大(マームとジプシー)×小林真梨子×草野庸子×野村由芽(編集者)
日時:4月28日(日)13時〜14時   ※予約不要
会場:アクシスギャラリー

トークイベント2
「吉原家の140年」 登壇者:吉原悠博、ピーターバラカン、広川泰士、平間 至
日時:5月3日(金)18時30分〜20時 ※予約不要
会場:アクシスギャラリー

フォトバー
ギャラリー内にて、ドリンクを片手に作家と気軽に話すことができるバーが登場。
日時:4月26日(金)17時〜20時 、4月27日(土)17時〜20時
会場:アクシスギャラリー

モノクロプリントワークショップ
会場に特設した暗室で、会期中毎日、参加写真家によるモノクロプリントワークショップを開催。詳細はウェブサイトを確認。


※関連展として、4月26日(金)~5月9日(木)までフジフィルム スクエア(東京都港区赤坂9-7-3)にて「藤井保 広川泰士 平間至 瀧本幹也 すべてはここからはじまった」「FUJIFILM ネオパン100 ACROS」を同時開催。

GWは六本木で写真展巡り! 美しい銀塩写真が集結する「ゼラチンシルバー...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。