『福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ』、シニカルに世の中...

『福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ』、シニカルに世の中を見続けた画家の生き様を辿る。

写真・文:中島良平

『福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ』、シニカルに世の中を見続けた画家の生き様を辿る。

『煽動者』1931年 一般財団法人福沢一郎記念美術財団蔵 作品からは、人々を戦争へと向かわせる“全体主義”が盛り上がる不穏な空気が読み取れます。

謎めいたイメージやナンセンスな表現、現在と未来への憂いを込めた神話的描写……。1930年代にフランスから日本にシュルレアリスムを紹介し、また同時に自らも社会批評的な視点から絵画制作を続けた画家がいます。名前は福沢一郎。1980年代まで60年にもおよぶ彼の画業を振り返る、大規模な回顧展『福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ』が、東京国立近代美術館でスタートしました。

東京帝国大学文学部に入学しながらも、学業はそっちのけで彫刻家の朝倉文夫のもとで彫刻に勤しんだ福沢。1924年にパリに留学した当初は、彫塑に打ち込みます。やがて絵画に興味をもち、ルーベンスなどの西洋古典を学びながら技術の習得と表現の模索を行いました。そして最初の転換点となったのが、シュルレアリスムを代表するアーティストの一人であるマックス・エルンストのコラージュ集『百頭女』との出合い。書籍などの印刷物を切り貼りして新たなイメージを生み出す手法に触発され、絵画制作に没頭しました。

ありえないモチーフを組み合わせるなど表現を刷新し、誰も目にしたことのない創造を試みたシュルレアリストたち。その「超現実」的な手法に惹かれながらも、福沢は社会への批評的な視点を失わず、シニカルでユーモラスな表現を追い求めました。1931年にフランスから帰国すると、戦争の色が濃くなった日本では表現の自由が奪われていきます。そんな状況下でも権力や常識の目をかいくぐって自由な表現を模索し続け、その姿勢は戦後も変わることがありませんでした。

『福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ』、シニカルに世の中を見続けた画家の生き様を辿る。

『Poisson d'Avril(四月馬鹿)』1930年 東京国立近代美術館蔵 「男たちは何をしているんだろうと。何をしているかわからん。私にもわからん。(中略)何をしているかわからん人間の集団でありますけれども、エイプリル・フールがナンセンスで朝に限って人をいっぺん騙してもよいという偽りのおもしろさ、あれに通ずるものがあると思うんですね」。1975年11月に東京国立近代美術館で開催された『シュルレアリスム展』に関連して行われた講演会抄録より。

『福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ』、シニカルに世の中を見続けた画家の生き様を辿る。

画面左:『牛』1936年 東京国立近代美術館蔵 右:『花』1939年 多摩美術大学美術館蔵 表現者に対する政府の弾圧が進んだ1930年代。社会を批評する視点から古典的な絵画に暗喩表現を行なった福沢は、前衛美術運動の中心人物の一人として大きな影響力をもちました。

『福沢一郎展 このどうしようもない世界を笑いとばせ』、シニカルに世の中を見続けた画家の生き様を辿る。

『船舶兵基地出発』1945年 東京国立近代美術館蔵(無期限貸与作品) 陸軍から委嘱されて手がけた作戦記録画。近年の研究で、戦争映画の宣伝用スチル写真を元に描かれたことが明らかになりました。映画をベースにしたことで、福沢は作戦記録画の虚構性、無意味さをあぶり出したのではないでしょうか。

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。