画家フランシス・ベーコンの日本初公開のコレクションを見逃すな。

画家フランシス・ベーコンの日本初公開のコレクションを見逃すな。

文:はろるど

フランシス・ベーコン『Xアルバム9裏ー叫ぶ教皇』1950年代後半–1960年代前半。 油彩画との関連が窺えるドローイングのなかの1枚。すべてのアルバムの表と裏に絵が描かれているが、会場では両面とも鑑賞できる。photo:​©The Barry Joule Collection

アイルランドのダブリンに生まれ、20世紀を代表する画家として知られるフランシス・ベーコン。独学で絵を学び、人間の生身の肉体や精神に向かい合ったベーコンは、歪んだ身体や咆哮するような人物画などを描き、ピカソと並び称されるほど高い評価を得ている。いまや多くの油彩画が世界各地の美術館に収蔵されているが、元来から素描は作らなかったとされ、絵画の制作に参照していた印刷物や、そこに描いた線や図像のほとんどを廃棄したと考えられてきた。

神奈川県立近代美術館 葉山館で『フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる』が開催中だ。今年1月から開催されたものの、コロナウイルスの感染拡大防止のためすぐに休館し、先日再開となった。展覧会では、ベーコンが世に出さなかった「秘密」を解き明かしている。ここではベーコンと親しく交流し、亡くなる前に作品や資料を譲り受けたバリー・ジュールのコレクションを約130点も展示。20代のはじめにキュビスムに影響を受けて描いた絵画や『Xアルバム』と呼ばれるドローイング、それに歴史的人物やスポーツ選手の写真に線や色を加えたデッサンを目の当たりにできる。すべてが生前に公開されなかった貴重な作品であるのは言うまでもない。

フランシス・ベーコン『自画像』1930年代頃 。 ベーコンは1929年から1936年頃にかけて、キュビスムやシュルレアリスムに影響を受けた絵画を描いた。しかしその後「国際シュルレアリスム展」で却下されたのを契機に、同時代の作品をほとんど廃棄してしまった。会場では死の直前まで彼のアトリエに残されていた初期の油彩10点を展示している。photo:©The Barry Joule Collection

フランシス・ベーコン『自転車選手の写真上のドローイング』1970年代–1980年代頃。人体や生物の肉体へ関心があったベーコンは、スポーツ選手の決定的場面を捉えた写真にドローイングを施している。まるで実際に車輪が回転しているように見えるから面白い。photo:©The Barry Joule Collection

19世紀後半の古いアルバムに由来する『Xアルバム』のシリーズが必見だ。ベーコンは表紙と裏表紙に「X」と記された写真用のアルバムを切り離し、68枚のページにドローイングやコラージュを制作。そのうちの11枚が会場で展示されている。なかにはファン・ゴッホのシリーズやベラスケスの絵画に着想を得た「叫ぶ教皇」など、代表的な油彩画のモチーフも含まれている。しかし油彩画の準備段階として描かれたのか、別の作品として構成されたのかは分かっていない。

人体の運動、とくにボクシングや自転車競技といったスポーツの印刷写真に線描を施した作品にも注目したい。選手の動きに合わせて体の主軸を描いたり、画面を分割させたり、箱や檻のような背景を加えたりするなど表現はさまざまだ。またベーコンが惹かれていたバレエ・ダンサーのルドルフ・ヌレエフの写真へのドローイングには、雄々しい肉体美に焦がれるような眼差しも見られる。

2013年、没後としてはアジア初の大規模な回顧展が東京国立近代美術館などで開催され、国内でも脚光を浴びたベーコン。かつての展覧会では「身体」をテーマに油彩画の代表作が公開されたが、今回は知られざる作品に焦点を当てる。魂が憑依したように激しく線の震えるドローイングから、ベーコンの創作のインスピレーションの源泉を感じ取りたい。


【関連記事】
若き才能を発掘する「THE CLUB」で、山下紘加の個展がスタート! 西洋画と日本画を織り交ぜた絵画表現に注目。

映画の舞台から20年。GYRE GALLERYの『2021年宇宙の旅』展で人類の行方について考える。

江戸川乱歩や横溝正史らを輩出した“伝説の雑誌”『新青年』の企画展がスタート。

フランシス・ベーコン『「戦艦ポチョムキン」の中の乳母の写真上のドローイング』1970年代–1980年代頃。 セルゲイ・エイゼンシュテインの映画『戦艦ポチョムキン』に出てくる保母の叫びの場面をモチーフとしている。この他にエルヴィス・プレスリーやミック・ジャガー、ケネディ三兄弟の肖像写真などにも線や色を加えている。photo:©The Barry Joule Collection

1986年、リチャード・ハミルトンのスタディオでのフランシス・ベーコン(右)とバリー・ジュール(左)。 1978年から14年間ベーコンと親しく交流したバリー・ジュール。彼はベーコンがマドリッドで客死する10日前、画家が手元に残していた約2000点もの作品や資料をロンドンのアトリエから譲り受けた。photo:©The Barry Joule Collection

『フランシス・ベーコン バリー・ジュール・コレクションによる』

開催期間:2021年1月9日(土)〜4月11日(日)
開催場所:神奈川県立近代美術館 葉山館 展示室2–4
神奈川県三浦郡葉山町一色2208-1
TEL:046-875-2800(代表)
開館時間:9時半~17時 ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月
入場料:一般¥1,200(税込)※ウェブにて事前予約が必要
www.moma.pref.kanagawa.jp

画家フランシス・ベーコンの日本初公開のコレクションを見逃すな。
Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。
Feature Design 国産材の可能性をデザインから考える、創出プロジェクト「WOOD CHANGE AWARD」に注目。