「見る」ために出かけたい、映像作家フィオナ・タンの大規模個展。

「見る」ために出かけたい、映像作家フィオナ・タンの大規模個展。

『インヴェントリー』HD&ヴィデオ・インスタレーション 2012年

映像と写真を中心として、作品を発表し続けてきたアーティスト、フィオナ・タン。都内初の大規模な個展『フィオナ・タン まなざしの詩学』が、恵比寿の東京都写真美術館で開催中です。
展覧会のタイトルにある「まなざし」とあるように、彼女の作品は「見る」ことや「視線」を意識させます。『ディスオリエント』はマルコ・ポーロが東方への旅で見たものや集めたものを収めるミュージアムがあったら、という想定の作品。撮った映像と古い記録映像で紡ぎだされる作品は、マルコ・ポーロという希代の旅人の目と、作家の目を意識します。フィオナ・タンの家族や周りの人々の映像によるポートレートシリーズ『プロヴィナンス』は、被写体へのまなざし、そして被写体の目は何を見ているのか、静かな関係性が親密さを感じさせる作品です。アジアで初公開される『インヴェントリー』は、35ミリフィルムやヴィデオなど異なる6つのメディアで、イギリスの建築家ジョン・ソーン卿(1753~1837)の個人博物館を撮影し、6面を使った映像インスタレーションとしてつくりあげた作品。そこかしこに古代ローマの柱の装飾や彫刻などがある濃密な空間を映像の質感が異なる6つのメディアで映し出した作品は、6つのまなざしで織り上げられた織物のようにも思えます。
フィオナ・タンの繊細なイメージは、ふだん形をとらない「まなざし」の軌跡なのかもしれません。「見る」という行為から派生する、さまざまな感情や反応に気付くことは、アートの根本のひとつでもあります。
展覧会会期中は1階ホールで『フィオナ・タン ドキュメンタリー作品上映』も開催中。時間をゆっくりと取って「見る」ことをお薦めします。

『ディスオリエント』HDインスタレーション 2009年

『興味深い時代を生きますように』ヴィデオ、60分 1997年
※『フィオナ・タン ドキュメンタリー作品上映』で公開、『影の王国』も同時上映。

    図版はすべてCourtesy of the artist and Frith Street Gallery, London; Wako
    Works of Art, Tokyo

『フィオナ・タン まなざしの詩学』

7月19日 (土) ~ 9月23日 (火・祝)
東京都写真美術館
東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL:03-3280-0099
開館時間:10時~18時
(~9/19の木曜・金曜は21時まで、いずれも入館は閉館30分前まで)
※1階ホールでの『フィオナ・タン ドキュメンタリー作品上映』は作品ごとに上映時間が異なる。
休:月(月曜が祝日の場合は開館し、翌火曜休館)
料金:一般¥900
www.syabi.com

「見る」ために出かけたい、映像作家フィオナ・タンの大規模個展。
Feature Food ラウンダバウト店主の小林和人が飲む、大人のための上質なチューハイ「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」。
Feature Food ラウンダバウト店主の小林和人が飲む、大人のための上質なチューハイ「サッポロチューハイ99.99(フォーナイン)」。