大宮エリーが心惹かれた自然のエネルギーを感じる、写真展『神聖な場所』が...

大宮エリーが心惹かれた自然のエネルギーを感じる、写真展『神聖な場所』が六本木で開催中。

文:Pen編集部

大宮エリー『おんばしら いち』2020年 C-print ©Ellie Omiya

脚本家、作家、映画監督などさまざまな領域で活躍する大宮エリーによる写真展『神聖な場所』が、六本木のタカ・イシイギャラリーで開催中だ。2020年に撮影した新作に加え、2012年から2014年の間に各地で撮影した作品群が展示されている。

大宮が美術の領域で表現活動を始めたのは2012年。来場者によって作品が完成する体験型の展覧会やライブペインティングなど、見ているだけでパワーを感じるような作品や活動が特徴だ。そんな大宮は、創作のインスピレーションを得る場所として、大地や自然を挙げる。


【関連バックナンバー】表紙は大宮エリーによる壁画。Pen No.476「わがままに建てた家」

大宮エリー『Shasta Cross』2012年 C-print ©Ellie Omiya

新型コロナウイルスの感染拡大によって社会や日々の生活が一変した2020年。大宮は安寧を求めて諏訪大社と洞爺湖を訪れた。諏訪大社で撮影された『おんばしら いち』は、社殿の四隅にそびえる御柱(おんばしら)と呼ばれる大木のひとつ。大宮は心惹かれるままにシャッターを切り続けたという。

開催期間は2021年2月6日(土)まで。これまでの大宮の作品のように、色彩豊かでパワフルな雰囲気とは異なる、静謐で心が洗練されるような展覧会だ。


【関連記事】写真は記録であると同時に記憶でもある。『記憶の地図』展開催中の瀬戸正人に話を聞いた。

大宮エリー『Obsidian Mountain』2012年 C-print ©Ellie Omiya

大宮エリー「神聖な場所」

開催期間:2020年12月19日(土)~2021年2月6日(土)
開催場所:タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー/フィルム
東京都港区六本木5-17-1 AXISビル2F
TEL:03-5575-5004
開館時間:12時~18時
休館日:日、月、祝 2020年12月27日(日)~2021年1月11日(月)は冬季休廊
www.takaishiigallery.com/jp/

大宮エリーが心惹かれた自然のエネルギーを感じる、写真展『神聖な場所』が...
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.1 実業家・野尻佳孝が語る、「白金」という特別な場所。
Feature Culture 【らしく、美しく暮らす──。】Vol.1 実業家・野尻佳孝が語る、「白金」という特別な場所。