100年前の少女が撮影した、世にも不思議な“妖精写真”を「恵比寿映像祭...

100年前の少女が撮影した、世にも不思議な“妖精写真”を「恵比寿映像祭」で目撃せよ!

文:幕田けいた

グラスゴーで撮影されたという妖精写真。あまり精巧ではない偽造写真だが、どこか温かいストーリーすら感じてしまう。『赤ちゃんの上を飛ぶ妖精たち』撮影者不詳 ゼラチン・シルバー・プリント 撮影年不詳 井村君江蔵(神智学者エドワード.L.ガードナーの遺品)

今年で10回目を迎える、映像とアートの国際フェスティヴァル「恵比寿映像祭」。今回のテーマは、目に見えないものを可視化する映像から現代を考えるという「インヴィジブル(不可視性)」。東京都写真美術館をはじめとする恵比寿地域の複数の会場で、2018年2月9日(金)から2月25日(日)まで開催されます...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
100年前の少女が撮影した、世にも不思議な“妖精写真”を「恵比寿映像祭...