伝統は進化する?! 東京の最先端アートと京都の伝統のものづくりが出合う...

伝統は進化する?! 東京の最先端アートと京都の伝統のものづくりが出合う『PARCOのKYOTO展』へ行こう。

文:小長谷奈都子

RIBBONESIAと「真田紐師 江南」のコラボレーション作品「獅子頭真田紐呂栄壺」。戦国時代にフィリピンから渡来し千利休に見出されたルソン壺がモチーフです。

古来、ものづくりの街として伝統の技や美を育んできた京都と、最先端のアートやカルチャーを発信する東京。そのふたつをクロスオーバーさせた展覧会『PARCOのKYOTO展』が、2018年11月22日から12月3日まで東京の池袋パルコ本館のパルコミュージアムで開催されます。匠の技をもつ京都の職人と現代...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
伝統は進化する?! 東京の最先端アートと京都の伝統のものづくりが出合う...