繊細な感性で世界に挑む、 若きスター指揮者。

Creator’s file

アイデアの扉
笠井爾示(MILD)・写真
photograph by Chikashi Kasai
小田島久恵・文
text by Hisae Odashima

繊細な感性で世界に挑む、 若きスター指揮者。

山田和樹 Kazuki Yamada
指揮者
1979年、神奈川県生まれ。東京藝術大学音楽学部指揮科在学中、藝大有志のオケ(現在の「横浜シンフォニエッタ」)を結成。現在スイス・ロマンド管弦楽団首席客演指揮者、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団音楽監督兼芸術監督(9月~)、日本フィルハーモニー交響楽団正指揮者。

海外のトップ・オーケストラを次々と振り、国際的なスター指揮者として活躍する山田和樹。「ヤマカズ」の愛称で日本のクラシック・ファンからの人気も高い。現在37歳。90代の現役指揮者も珍しくないこの世界では、かなり若い世代に属する。「音楽は生ものですから、リハーサルと同じことを本番でやってもうまくい...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

works

3年間で9曲の交響曲全曲を演奏する「マーラー・ツィクルス」(Bunkamura主催)は、正指揮者を務める日本フィルとの挑戦。©Atsushi Yamaguchi

柴田南雄生誕100年・没後20年記念演奏会を、11/7サントリーホールで自ら企画。写真は東京混声合唱団との「追分節考」。

※Pen本誌より転載
繊細な感性で世界に挑む、 若きスター指揮者。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。