プールでしか撮れない、 特別な一枚を追求する。

Creator’s file

アイデアの扉
笠井爾示(MILD)・写真
photograph by Chikashi Kasai
泊 貴洋 ・文
text by Takahiro Tomari

プールでしか撮れない、
特別な一枚を追求する。

西川隼矢 Junya Nishikawa
フォトグラファー
1982年、香川県生まれ。国立鹿屋体育大学卒業後、水泳インストラクターやSEを経て、水中フォトグラファーに。2017年はAPAアワード広告作品部門優秀賞と写真作品部門奨励賞をW受賞。プールスタジオ「TOKYO POOL LABO」は時間貸しも可能。

http://tokyopoollabo.com/

あなたにとって、プールとは? そう質問し、「アート空間」と答える人は、彼くらいだろう。「プール専門」の水中フォトグラファー・西川隼矢だ。

「小学生の頃から競泳を始めて、夢はオリンピック選手。大学の頃にはアテネ五輪の日本代表選考会に出場して、22位に入ったこともありました」

大学卒業後は水泳インストラクターになったが、体調を崩し退職。IT業界に転職して始めたのが、写真だった。

「プールに通って親友のスイマーを撮影していたら、『水中をのぞける小窓があるよ』と。撮った時はただの青白い写真に見えたんですけど、パソコンでレタッチをすると、綺麗なファンタジーの世界が現れて、驚きました」

すぐに機材を購入し、自らプールに潜って水中撮影を開始。写真をSNSにアップすると、「私も撮ってほしい」「ウチの子も」と依頼が相次いだ。

「もともとプールが好きで、被写体に喜んでもらえるのも嬉しかった。プールを専門にしたのは、キツイ、オシャレじゃない、というプールのイメージを写真の力で変えられるんじゃないかと思ったから。水中カメラマンは海で撮影する人がほとんど。新参者が海に行っても勝ち目がないとも思っていました」

海では撮れないアーティスティックな写真が撮れることも、プールの魅力。たとえば海中は自然光が中心だが、プールなら、プールサイドから多灯ライティングが可能。また、布を垂らして背景の色を変えたり、水面を鏡のように使い、幻想的な写真を撮ることもできる。一方で、持ち込めるものが制限されたり、メイクや着衣がNGといったデメリットがあったが、昨年、自身のプールスタジオをもって解消した。

「私はよく『これを沈めてみたらどうだろう』『これを浮かべてみたら?』と考えるんですが、自分のプールなら、なんでも沈められる。水に色を付けることもできるので、誰にも撮れない、私だけの水中写真を追求できると思っています。目標は、オリンピックのポスターと、生のオリンピックを撮ること。水中からスイマーを撮って、カッコイイ写真に残したい。最終的には、『水中ポートレートといえば、西川』というポジションに行きたいですね」

昨年は、北島康介を撮影した「水中ポートレート」で日本広告写真家協会主催の「APAアワード」で2冠の快挙に輝いた西川。今日も水面下の「アート空間」で、新たな写真への扉を、探し続けている。

works

北島康介の水中ポートレートの一枚。水中で「あ・うん」と声を出してもらい、気迫や音を視覚化した。
photo by Junya Nishigawa

「スイマーがいちばん格好良く見える」というお気に入りのアングル。選手だったからこそ知っている「西川アングル」だ。photo by Junya Nishigawa

※Pen本誌より転載
プールでしか撮れない、 特別な一枚を追求する。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018