伝統に学んだ建築家は、 現代の日本らしさを探る。

Creator’s file

アイデアの扉
笠井爾示(MILD)・写真
photograph by Chikashi Kasai
山田泰巨・文
text by Yoshinao Yamada

伝統に学んだ建築家は、
現代の日本らしさを探る。

佐野文彦 Fumihiko Sano
建築家/美術家
1981年、奈良県生まれ。中村外二工務店で数寄屋大工として働いたのち、設計事務所などを経て、2011年にFumihiko Sano Studioを設立。大工として培った技術や素材、文化へのまなざしと現代の感覚を融合させて、新しい日本の価値観をつくることを目指した作品をつくり続けている。

数寄屋大工の修業を経て建築家へ。日本の伝統的な意匠や素材、技法を学んだ建築家の佐野文彦は、それらを大胆に取り入れた空間設計やインスタレーションの設計で注目を集めている。高校時代は陸上に明け暮れ、卒業後は競輪選手を目指していたという。しかしその後進路を見失っていた。佐野はある日、運命を変える出合...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

伝統に学んだ建築家は、 現代の日本らしさを探る。