銀座メゾンエルメスで深淵なる宇宙の海に身を浸す、『コズミック・ガーデン...

銀座メゾンエルメスで深淵なる宇宙の海に身を浸す、『コズミック・ガーデン』サンドラ・シント展がいよいよ再開。

写真・文:中島良平

サンドラ・シントは銀座メゾンエルメスの壁面を覆うガラスブロックとの対話を考えた。ガラスから受ける水の流れの印象を、壁面に描く時の流れと呼応させようという発想だ。

3ヶ月の臨時休館を経て、銀座メゾンエルメス フォーラムで、ブラジル出身のアーティスト、サンドラ・シントの個展が再開した。壁面をトーンの異なる青で塗り尽くし、星や波、雪の結晶、橋などの神話的なモチーフを壮大なドローイングで表現。光を湛えるガラスブロックの壁面に呼応し、空間に身を置くことで宇宙の深...

この記事はPen Membershipの会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
銀座メゾンエルメスで深淵なる宇宙の海に身を浸す、『コズミック・ガーデン...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。