豊かな自然とアート写真を堪能する、「浅間国際フォトフェスティバル201...

豊かな自然とアート写真を堪能する、「浅間国際フォトフェスティバル2019」が開催中。

文:梶原博子

白樺の森の中に展示。大塚千野『Imagine Finding Me』

豊かな自然に抱かれた長野県・浅間山麓エリアで開催中の「浅間国際フォトフェスティバル2019」。御代田町のメイン会場を中心に、軽井沢町と北軽井沢の2会場を加えた3つのエリアが写真一色に染まり、来場者の目を楽しませている。

本フェスティバルは、近年国際的に評価が高まっているアート写真の祭典として国内外から優れた写真家55組を招聘し、全728点の作品を展示するというもの。従来の写真展との大きな違いは、屋内だけでなく屋外の自然空間を活かして展示している点だ。ツタの絡まる建物を背景に展示されていたり、白樺の森に作品がちりばめられていたり、雄大な浅間山を借景していたり……。光や風、草木の匂いなどを感じながら鑑賞する体験は、五感を刺激し、新しい写真の魅力を教えてくれる。参加アーティストは、シャルル・フレジェ、ネルホル、ウィージー、サナ・レート、大塚千野、鈴木崇など。プリント写真に加えて、映像やインスタレーション、 最新の投影システムを使ったインタラクティブな体験など、作品をさまざまな角度から楽しめる仕掛けも満載だ。

ツタの絡まる建物の外壁に展示。ネルホル『Their Portraits(Nobuhito.M)』

浅間山を借景としたウィージーの『Coney Island』。群衆の写真の一部に穴が開いており、来場者は顔を出して作品と一体化できる。

御代田町の会場では、世界の民族衣装を精力的に撮影するシャルル・フレジェの最新作を立体的に展示。シャルル・フレジェ『CIMARRON』

最新テクノロジーを駆使した撮影システムを会場に設置し、来場者が瞬時に作品の中に取り込まれる体験型の作品。鈴木崇×Sony Design 『YOU and BAU』

1 / 2p
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

写真:矢吹健巳(W) スタイリング:川合康太 ヘア:藤原一毅(Perle Management)

グッチのウエアやアクセサリーを独自にカスタマイズできる「GUCCI DIY」プログラムをご存じだろうか? 新たなアイテムやモチーフが加わり、さらなる盛り上がりを見せるこのサービスに注目した。

グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

アレッサンドロ・ミケーレ●1972年、ローマ生まれ。2002年にグッチのデザインオフィスに参加。06年にレザーグッズのデザイン・ディレクターに就任し、11年にアソシエイト・クリエイティブ・ディレクターに。15年1月からクリエイティブ・ディレクター。Photo Courtesy of Ronan Gallagher for Gucci

2015年、アレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、グッチはモードブランドとしての個性をより前面に押し出している。ヴィンテージテイストなのに現代的であり、ビビッドな色彩がぶつかり合う中に伝統的なモチーフのパッチワークが混在するなど、クラシックとポップカルチャーを混淆しているのが現在のグッチといえるだろう。

1 / 3p
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?