「ヴァン クリーフ&アーペル」がおくる日仏の美と技の競...

「ヴァン クリーフ&アーペル」がおくる日仏の美と技の競演! 京都で繰り広げられる美しき世界をぜひご堪能あれ。

《バード クリップ》 ヴァン クリーフ&アーペル コレクション 1924年 プラチナ、エメラルド、サファイア、ルビー、オニキス、ダイヤモンド Patrick Gries © Van Cleef & Arpels

1906年の創業以来、洗練された優美なデザインで世界中の女性を魅了し続ける、フランスのジュエラー、ヴァン クリーフ&アーペル。自然界に多く着想を得た豊かな創造性と卓越した技術で生み出されるハイジュエリーの評価も高い。そのハイジュエリーを中心とした展覧会が世界各国の美術館で開催されてい...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら

『技を極める-ヴァン クリーフ&アーペルハイジュエリーと日本の工芸』

会場:京都国立近代美術館(京都市左京区岡崎円勝寺町)
会期:4月29日(土・祝)〜8月6日(日)
休館日:月、6月13日(火)、7月18日(火)
※7月17日(月・祭)は開館
観覧料:¥1,500
問い合わせ:075-761-4111
http://highjewelry.exhn.jp/