サントリー美術館で開催中、国や時代を超えて開花した6つの美の物語。

サントリー美術館で開催中、国や時代を超えて開花した6つの美の物語。

文:赤坂英人

『色絵花鳥文六角壺』17世紀 サントリー美術館蔵

【Penが選んだ、今月のアート】

江戸時代から1900年パリ万博までの約300年間にちりばめられた、時代や国、文化の異なる美術の「交流」にフォーカス。欧州を魅了した古伊万里、将軍家献上の鍋島、東アジアの文化が溶け込んだ琉球の紅型、西洋への憧れが生んだ和ガラス、東西文化を結んだ浮世絵、異文化を独自の表現に昇華したガレ、という6つの物語で構成される。



弘前生まれの人物を題材に土地のエネルギーを解き放つ、『小沢剛展 オールリターン』

石岡瑛子のレトロスペクティブで、果敢に挑んだ“感情のデザイン”に圧倒される。

金沢に移転開館した「国立工芸館」で、近代工芸の名作を公開。

『リニューアル・オープン記念展 Ⅲ「美を結ぶ。美をひらく。美の交流が生んだ6つの物語」』
開催期間:2020年12月16(水)~2021年2月28日(日)
会場:サントリー美術館
TEL:03-3479-8600
開館時間:10時~18時 (金曜、土曜、1/10、2/10、2/22は20時まで開館)※入館は閉館の30分前まで 
休館日:火(2/23は開館)、12/28~1/1
料金:一般¥1,500(税込)
http://suntory.jp/sma
※臨時休館や展覧会会期の変更、また入場制限などが行われる場合があります。事前にお確かめください。

サントリー美術館で開催中、国や時代を超えて開花した6つの美の物語。
Feature Fashion これからは「脱毛」も男の身だしなみのひとつ。自宅で手軽に始められる「スムーズスキン ピュア」に注目。
Feature Fashion これからは「脱毛」も男の身だしなみのひとつ。自宅で手軽に始められる「スムーズスキン ピュア」に注目。