これぞ決定版! 史上最大規模のウォーホル展。
NEW YORK ニューヨーク

これぞ決定版! 史上最大規模のウォーホル展。

文:鈴木希実

『自画像』(1964年)。著名人のポートレートに加え、自画像も多く手がけた。The Art Institute of Chicago,_© The Andy WarholFoundation for the Visual Arts, Inc. / Artists RightsSociety New York

『キャンベル・スープ缶・オーバー・コークボトル』(1962年)。Whitney Museum of AmericanArt © 2018 The Andy WarholFoundation for the Visual Arts, Inc./ Artists Rights Society New York

ホイットニー美術館で開催中のウォーホル回顧展『アンディ・ウォーホルーフロムAトゥーB・アンド・バック・アゲイン』が話題だ。 
意外にもアメリカでウォーホルの回顧展が行われるのは、彼の死の2年後、1989年にニューヨーク近代美術館で開催されて以来のこと。ウォーホル生誕90年を記念し、350点以上が並ぶこれまでにない大規模な展示で、約40年にわたるキャリアをくまなく取り上げる。なかでも注目したいのは、暗殺未遂後、命をとりとめた1968年以降の作品の数々。実験的手法を取り入れたフィルムをウォーホルが意図した方法で上映するなど、特別な試みや、初公開の作品も多い。世界中から多くのファンが訪れること間違いなしだ。

Whitney Museum of American Art

99 Gansevoort Street,New York, NYC 10014
最寄り駅:14TH STREET
TEL:212-570-3600
開館時間:10時30分~18時( 金曜、土曜は22時まで) ※入場は閉館30分前まで 
休館日:火 
料金:一般25ドル 
https://whitney.org
※開催中~2019/3/31まで

これぞ決定版! 史上最大規模のウォーホル展。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。