国内外のミュージシャンに愛された「音楽写真家」、木之下晃の真骨頂。

国内外のミュージシャンに愛された「音楽写真家」、木之下晃の真骨頂。

文:赤坂英人

アルフレッド・ブレンデル  1974年7月2日 東京文化会館にて 写真:木之下 晃  ©Kinoshita Akira Archives

【Penが選んだ、今月のアート】木之下晃(1936-2015)は新聞社などを経て1960年代から写真家としての活動を開始。「音楽写真」というジャンルを切り拓いた第一人者だ。「音楽が聴こえる」と言われたその写真は木之下の音楽への深い造詣、音楽家との絆、写真への情熱の上に成り立っている。フィルムで...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
国内外のミュージシャンに愛された「音楽写真家」、木之下晃の真骨頂。