ワタリウム美術館のユニークな30年の歩みから、 東京のいまを再考する。

ワタリウム美術館のユニークな30年の歩みから、 東京のいまを再考する。

文:赤坂英人(美術評論家)

建築家マリオ・ボッタが、ワタリウム美術館のプレ公開の際に制作した黒板ドローイング、 1990年7月17日。撮影:今井紀彰。ワタリウム美術館は今年で開館30周年を迎えるが、それ以前は、現在、美術館がある場所にギャルリー・ワタリがあった。それ故、30年以上の時間をこの美術館に感じる人も多いかもしれない。

東京の外苑西通り、通称キラー通りに面した場所に立つ瀟洒な私立美術館。スイスの世界的な建築家マリオ・ボッタが設計した個性的なファサードも印象深いワタリウム美術館が、今年9月に開館30周年を迎える。それを記念して開催されるのが『アイラブアート15 生きている東京展』である。新型コロナウイルスが世界...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ワタリウム美術館のユニークな30年の歩みから、 東京のいまを再考する。