世界から65組の作家が参加するヨコハマトリエンナーレ、...

『ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW─光の破片をつかまえる」』

横浜美術館、プロット48

世界から65組の作家が参加するヨコハマトリエンナーレ、核心にダイブするアートの挑戦。

赤坂英人 美術評論家

さとうりさ
『本日も、からっぽのわたし #1』2019年 ベテランのニック・ケイヴから若手まで多彩な作品を選んだ 「ラクス・メディア・コレクティヴ」の3人の感受性には、古代インドの哲学と、フランスの現代思想、ドゥルーズ=ガタリを合わせたようなダイナミズムと融通無碍な感覚と思考を感じる。 © Risa Sato, Courtesy of ZOU-NO-HANA TERRACE photo: 427FOTO

どのような現代美術の国際展となるのだろうか。ひとりの観客として素朴な好奇心をかき立てられる。『ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW─光の破片をつかまえる」』が、ついに開幕だ。2001年に第1回が開催され、その後、3年ごとに時代性を反映する現代アートの祭典として、広く一般の人々にも...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
世界から65組の作家が参加するヨコハマトリエンナーレ、...