ガウディの処女作が、ついに一般公開へ。
文:森本 徹

ガウディの処女作が、ついに一般公開へ。

ガウディがイスラム建築の影響を受けていたことを如実に示す外観。煙突にも彼のこだわりがみえる。photograph by Akashi Photos

「サグラダ・ファミリア」や「グエル公園」、「カサ・ミラ」など、バルセロナを代表する建築。もちろんこれらはすべて、アントニ・ガウディによるものだが、いままで一般公開されたことのない処女作があることをご存じだろうか? このたび観覧が解禁されたその建築こそ、「カサ・ビセンス」だ。 
カサ・ビセンスは、タイルやレンガ工場を経営するビセンス家のために、19世紀後半に建てられた私邸。ガウディ建築に特有の奇想天外なカーブは見られず、イスラム建築の影響が色濃く残った、ムデハル様式の直線的な構造を特徴とする。 
稀代の大建築家の原点である、美しき建築。これを見ずして、ガウディを語る事なかれ!

日差しを遮り、涼しい風が通うようにデザインされたバルコニー。photograph by Akashi Photos

広々としたリビングルーム。暖炉と天井はタイル細工。壁には植物の柄が配されている。photograph by Akashi Photos

Casa Vicens

Carrer de les Carolines,20-26 08012 Barcelona 
TEL:93-547-59-80 
最寄り駅:FONTANA 
営業時間:10時~20時(最終入場19時) 
休日:12/25、1/1、1/6 
料金:一般16ユーロ 
https://casavicens.org

ガウディの処女作が、ついに一般公開へ。

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018