初公開を含む、ピカソ晩年の作品に感嘆する。
BERLIN ベルリン

初公開を含む、ピカソ晩年の作品に感嘆する。

文:河内秀子

会場はジャクリーヌを描いた絵で埋め尽くされる。強い意思を示す広い額や大きな目鼻をピカソは好んで強調した。photograph by Gianni Plescia

パブロ・ピカソ(1881-1973)。世界で最も多作な芸術家として知られ、91歳でフランスのムージャンで没するまで精力的に制作活動を続けてきた。この巨匠の晩年の作品を中心に、世界初公開の絵画やスケッチを含む130点以上を一堂に見せる展覧会が、ベルリン近郊ポツダムのバルベリーニ美術館で開催されている。
今回展示されているのは、ピカソ最後のミューズである彼の2番目の妻ジャクリーヌが所有していたコレクション。1950年代から亡くなる70年代初頭までの作品群からは、歳を経ても変化を恐れずに、抽象表現主義やポップアートなど新たなスタイルを積極的に取り入れ続けた、才気あふれる偉大な芸術家の姿が浮かび上がる。

Museum Barberini

Alter Markt / Humboldtstrasse 5-6, 14467 Potsdam
最寄り駅:POTSDAM HAUPTBAHNHOF
TEL:0331-2360-14499
開館時間:10時~19時(第1木曜は21時まで) ※入館は閉館の30分前まで
休館日:火
料金:一般14ユーロ
※開催中~6/16
www.museum-barberini.com

初公開を含む、ピカソ晩年の作品に感嘆する。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。