初公開を含む、ピカソ晩年の作品に感嘆する。
BERLIN ベルリン

初公開を含む、ピカソ晩年の作品に感嘆する。

文:河内秀子

会場はジャクリーヌを描いた絵で埋め尽くされる。強い意思を示す広い額や大きな目鼻をピカソは好んで強調した。photograph by Gianni Plescia

パブロ・ピカソ(1881-1973)。世界で最も多作な芸術家として知られ、91歳でフランスのムージャンで没するまで精力的に制作活動を続けてきた。この巨匠の晩年の作品を中心に、世界初公開の絵画やスケッチを含む130点以上を一堂に見せる展覧会が、ベルリン近郊ポツダムのバルベリーニ美術館で開催されて...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
初公開を含む、ピカソ晩年の作品に感嘆する。