重要作で振り返る、マリオ・メルツの回顧展。
MILAN ミラノ

重要作で振り返る、マリオ・メルツの回顧展。

文:坂本きよえ

1968年制作の『イグルー・デ・ザップ』。イグルーとはイヌイットが暮らす氷でできた家のこと。こだわり続けたモチーフだ。Courtesy Fondazione Merz, Turin photo: Renato Ghiazza © Mario Merz, by SIAE 2018

イタリアで1960年代に起こった芸術運動、アルテ・ポーヴェラ(貧しい芸術)を代表する作家、マリオ・メルツ(1925~2003年)の展覧会が開催中。工場を改装した広々とした美術館、ハンガー・ビコッカに計20点の重要作が展示されている。
メルツは、イヌイットの家イグルーに感動しドーム形の作品を多数制作。自然の移ろいに着目し、石や砂、木などを用いて表現したものがある一方、ネオンを使ったポップな作品もある。同じ形でもさまざまな表情を見せる彼の作品には、アイロニックな政治的なメッセージも込められた。没後15年を経て、改めてじっくりと向き合い、そんな隠れたメッセージを読み取るのも楽しみのひとつだ。

HANGAR BICOCCA

Via Chiese 2, 20126 Milano
最寄り駅:SESTO MARELLI
TEL:02-66111573
開館時間:10時~22時 ※入場は閉館の45分前まで
休館日:月~水
料金:無料
※開催中~2019/2/24
www.hangarbicocca.org

重要作で振り返る、マリオ・メルツの回顧展。

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。